履修証明プログラム
青山学院大学・東京外国語大学連携
司法通訳養成プログラム

プログラムの趣旨

グローバル化にともなって地球規模での人の移動がますます進む中、日本においても総人口の2%を超えて外国人が暮らすようになり、多言語・多文化化が進んできています。外国人にとって住みやすい日本社会を作っていくためにも、司法の現場において多言語・多文化化へ対応できる体制をしっかり作っていく必要があります。

東京外国語大学と青山学院大学は、法廷、捜査、弁護活動など様々な司法の現場で、異なる言語と文化のあいだに立ち、コミュニケーションの円滑化にあたれるスペシャリストを養成するため、2019年4月より「司法通訳養成講座」を開講いたします。講座修了後は、法廷のみでなく、捜査や弁護士との相談など、多様な場面での活躍が期待されます。

履修証明プログラムとは

履修証明プログラムとは

青山学院大学では社会貢献を一層進めるために、学生を対象とする学位プログラムの他に、社会人等の学生以外の者を対象とした「履修証明プログラム」を開設し、社会人等の多様なニーズに応じた様々な分野の学習機会を積極的に提供しています。職業上に必要な専門的知識・技術取得・生涯学習ニーズへの対応などを想定したプログラムで、修了者に対しては法に基づく履修証明書(Certificate)を交付いたします。履歴書やジョブ・カードに記入することもできます。

プログラムの特徴

信頼される、司法通訳を目指して

実践的な司法通訳のトレーニング

司法現場の第一線で活躍する講師陣による演習を少人数で行います。授業の中では、模擬法廷で法廷通訳を実践する機会が設けられています。

今年度はスペイン語、ポルトガル語、ベトナム語の3言語を開講

司法の現場では、通訳言語の多様化が進んでいます。本講座では、司法通訳としては学ぶ機会の少ない言語の講座を提供します。

通訳技法にとどまらない専門知識を獲得

司法通訳には、法律や司法制度、さらには在留外国人を取り巻く制度や動向に関する専門的な知識が求められます。本講座では、司法の現場で求められる通訳技法や倫理の ほか、多文化共生社会に関わる知識、法律用語や裁判のしくみなど、司法通訳に必要な背景知識を総合的に時間をかけてじっくりと学びます。

質の高い通訳人材を養成

学習成果を確認するために、授業の中で試験を行います。こうして、信頼される、質をともなった司法通訳として活躍していただくことを目指します。

プログラムの概要

講座名 司法通訳養成講座
開講時間 2019年度1年間(2019年4月開講予定)
開講日 春期間
2019年4月13日~7月27日の毎週土曜日
[休講日] 2019年5月4日

秋期間
2019年9月21日~2020年2月1日の毎週土曜日
[休講日] 2019年11月2日、11月23日、12月28日、2020年1月4日、1月18日
開講場所 青山学院大学青山キャンパス(東京都渋谷区 渋谷4-4-25)
開講科目 ★現代法実務論/◎多文化共生基礎/★法廷通訳実践I·II/◎通訳概論/◎司法通訳I·II
◎は東京外国語大学担当 
★は青山学院大学担当
開講言語 スペイン語/ポルトガル語/ベトナム語(2019年度)
受講資格 日本語と、開講言語のうちのどれか1言語について、高度な語学力があること
募集人数 3言語 計20名程度
受講料 年間 261,000円
学修成果
の認定
各科目15回の授業のうち、全科目に12回以上出席し、かつ司法通訳I·IIおよび法廷通訳実践I·IIのすべてにおいてAの成績評価を受けた方に、両大学長の連名で、司法通訳養成講座修了証を発行します。
講座修了後は、各種研修会等、司法通訳としてレベルの向上と質の継続的な確保を図る機会を提供します。また希望者を「司法通訳養成講座修了生」として登録し、司法関連機関から依頼があったときに紹介します。

プログラムのカリキュラム

1限
9:20-10:50
2限
11:00-12:30
3限
14:00-15:30
4限
15:40-17:10
春期間 通訳概論 現代法実務論 司法通訳 I 法廷通訳実践 I
秋期間 多文化共生基礎 司法通訳 II 法廷通訳実践 II
春期間 秋期間
1限
9:20-10:50
1限
9:20-10:50
通訳概論  
2限
11:00-12:30
2限
11:00-12:30
現代法実務論 多文化共生基礎
3限
14:00-15:30
3限
14:00-15:30
司法通訳 I 司法通訳 II
4限
15:40-17:10
4限
15:40-17:10
法廷通訳実践 I 法廷通訳実践 II

「通訳概論」と「多文化共生基礎」については、東京外国語大学オープンアカデミーの講座(青山学院大学青山キャンパスで開講)を、「現代法実務論」については、青山学院大学法学部の正課の授業をそれぞれ受講していただきます。

講義概要(シラバス)

法廷通訳実践Ⅰ/法廷通訳実践Ⅱ

シラバス
法廷通訳実践Ⅰ 法廷通訳実践Ⅱ
主任講師後藤昭

法学博士。2018年度まで青山学院大学法務研究科教授 。一橋大学名誉教授。

現代法実務論

シラバス現代法実務論
コーディネーター安部祥太

青山学院大学法学部助教。博士(法学)。

各回講師

神奈川県弁護士会法教育センター派遣弁護士によるリレー講義

通訳概論

シラバス通訳概論
講師田中健一

東京外国語大学大学院国際コミュニケーション・通訳専修コース修了。防衛省の通訳研修などを担当。日本国際協カセンターで英語・タイ語の通訳。

多文化共生基礎

シラバス多文化共生基礎
コーディネーター木下理仁

東京外国語大学ポランティア・コーディネーター、東海大学教養学部国際学科非常勤講師。東海大学で「多文化共生」等の科目を担当。

各回講師

多文化共生などの分野における専門家によるリレー講義

司法通訳Ⅰ/司法通訳Ⅱ

シラバス
司法通訳Ⅰ 司法通訳Ⅱ
スペイン語中西智恵美

東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒。日本スペイン協会、湘南工科大学(非常勤等でスペイン語講師)。1990年10月から東京高等裁判所など各地の裁判所てに法廷通訳。

ポルトガル語板尾彩未

ブラジル出身。中央大学法学部卒業。通訳案内士。2000年から法廷通訳、捜査通訳などをする傍ら、政府からの依頼でポルトガル語圏の法律案翻訳を担当。

ベトナム語鷲頭小弓

東京外国語大学外国語学部インドシナ語学科卒業。大阪外国語大学大学院修士課程修了。国内外で法律をはじめとする外国人相談や病院での通訳を担当。桜美林大学非常勤講師。

注意事項

休講・補講

天候、交通機関などの事情により、やむを得ず休講となる場合は、原則として補講を行います。

録音・録画・写真撮影

原則として、講義中の録音、録画および教室内での写真撮影はお断りします。

受講資格の取り消し

次のような好ましくない行為があった場合は、教室からの退出、受講の停止、もしくは受講の取り消しをすることがあります。
なお、受講料の返金はいたしません。

  • 他の受講生の迷惑となる事や、授業の進行を妨げる様な行為を行った場合
  • 受講の手続きや受講料の納付を完了していない場合
  • 法令等や公序良俗に反する行為があった場合

その他

会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせ先

青山学院大学 庶務部庶務課

〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25

TEL03-3409-6366

E-mailagu-sll@aoyamagakuin.jp

東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター

〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1

TEL042-330-5441

E-mailtc-jimu@tufs.ac.jp

TOPへ